講師

Ryoho Kobayashi


プロデュースに堀江博久氏(pupa / the HIATUS)、エンジニアに美濃隆章氏(toe)が参加し注目を集めた『PARALLEL/SERIAL』を去年リリースしたばかりのポストロックバンド、number0のメンバーとして活動。デジタル音響信号処理技術を応用したソフトウェアや楽曲、インスタレーションを制作し、国内外で発表している。慶應義塾大学、法政大学などで大学講師を努める。博士(政策・メディア)。

sirt


Computer Musicに焦点を当てたインタラクションデザイン研究を行うとともに、様々な形態で音楽活動を展開。慶應義塾大学などで大学講師も務めている。

Sonir

 

Sonir(ソニア)SJQのウオズミユウタによるソロプロジェクト。奈良出身。電子音楽家。慶應義塾大学大学院  ExtremeDesignProgram(MediaDesign)にて博士号取得。「ギズモ」という独自の技法で、人工生命同士の食物連鎖/生態系の中からリズムやドローンを生み出す。ニューヨーク電子音楽祭をはじめ、バルセロナ、ベルファストなど、国際的な公演も行う。

 

学生

Kazuki Muraoka

 

北海道札幌市出身。1990年代のTechno, HipHop, IDMに影響を受け、2010年からコンピューターを使った音楽を制作。都内を中心に活動中。

Licaxxx

 

2.5Dを中心に活躍するDJ / Composer。普段はJuke, which house, Chill wave, Abstract Hiphopから昭和歌謡までオールジャンルにプレイする。最近ではライブなども行い、Gold Pandaを始めとした様々なアーティストとの共演を重ねる。新世代トラックメーカー。

lumo

 

ニコニコ動画を中心に活動するボーカロイドプロデューサー。「逃避ケア」がVOCALOID殿堂入りを果たす。GINGAに所属し、『0004:a galaxy odyssey』に参加するなど、活動の幅を広げている。

Neco_botton


キチガイビートとキチガイサンプリングでキチガイミュージックを奏でるキチガイ。Aphex Twinの曲をぶっ壊しながら、声高らかに演説をする伝説のライブを行なったことがある。ぶち上げダンスダンス丸。

Chisato Tatsuyama


山や海などの水彩Drawingを中心に制作。バンドYpsilonのアルバム『スコル-Sköll-』、『is』、シンガーソングライター関取花のアルバム『中くらいの話』のジャケットイラストを担当するなど積極的に活動している。

Dan Kubo


幼少期より器楽に触れ、十代でオーケストラの花形オーボエを片手に数多のソロコンテストで勝ち抜き、国際大会1位という功績を収める。同時に自身のバンド活動や電子音楽の創作と、縦横無尽にフォーマットを往来する音楽男。ロックバンドthe Flatheadsのギター。音楽を通じて認知科学に基づいた人間の感動に纏わるメカニズムを日々哲学している。

DJスコヤカ

 

突如として、まさに彗星の如く現れたDJスコヤカ。ノイズとスコヤカという、一見すると相反するテーマを一つにまとめ、あまりにスコヤカすぎるノイズトラックを制作している謎のDJ。ジャンルを問わず様々な本を読む多読家でもある。

kmsk


ICMCやNIMEなど海外のコンピューターミュージック学会で演奏を重ねるアカデミック才女。CDプレイヤーやカセットプレイヤー、ラジオを駆使したパフォーマンスや、雅楽のドローン化などに取り組む。

-ドブ人

 

正体不明のアーティスト。東京のアンダーグラウンドなシーンで活躍しているとの噂。ヒップホップのトラックメイクを手がけ、グルーヴィーなラップを吐き出す。自身が不定期で開催する「リリック講座」は一部で絶大な人気を誇り、フォロワーを増やしつつある。

Character Design & Artwork (殺音部)

chamooi

 

初音ミクとのコラボブランド「earth music & ecology Japan Label」のアーティストに起用される。東京女子流の 「LolitAStrawberry in summer」アニメPVのキャラクターデザインを担当。渡辺麻友「ヒカルものたち」のイラストブックや、ファミリーマートの初音ミクフェアでイラストを手がける等、活躍の幅を広げている。

contact me - お問い合わせ

lumommmbon[at]gmail.com